YAKUSHIMA 屋久島

屋久島旅行記。

この夏、少し休みが取れたので念願の屋久島に一人旅にいってきました。

伊丹空港から屋久島空港まで、JAC直行便で約1時間30分ほどの空の旅。

電車で鹿児島中央駅→鹿児島港→高速船で屋久島という手もあったものの

飛行機の方がお得だったので、数日前に格安航空サイトで予約。飛行機にしました。

連休などを外せば結構チケットあるんだなーと思いつつ。。。

JAC直行便価格 通常¥34,200円程

格安航空だと 数日前でも¥26,000円程(時期によって変動)

先得割などを使えばもっと安く行けるんでしょうが

そんな先の予定は中々決まらない。。。

ちなみに、帰りは台風の影響で急な予約でしたが、前日でもこの価格帯で予約できました。

そんなこんなで

いざ、出発。

↓

台風11号が去ったばかりで、

CLOUDY SKY

屋久島到着。

離島の雰囲気のある空港です。

縄文杉と白谷雲水峡は行きたいと思っていましたが

その他の予定は未定だったので

飛行機場近くの観光協会で情報収集★

↓

1.宮之浦

屋久島一番の繁華街

白谷雲水峡に近い宿地です。

 

2.安房

屋久島二番目の街。

縄文杉にはここ安房からがメインになる。

 

3.白谷雲水峡

宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」のなかにでてくる深い原始の森のモデルになったといわれている白谷川流域の自然休養林。

 

4.縄文杉

言わずと知れた屋久杉の「縄文杉」。樹齢が3,000年以上と言われている。

 

3.千尋の滝

屋久島中央部に水源を持つ鯛ノ川にある落差60メートルの滝。屋久島南東部のモッチョム岳(標高940メートル)東側の斜面に広がる250メートル×300メートルの巨大な花崗岩の岩盤に面していて、その岩盤の大きさが千尋、すなわち千人の人間が手を結んだくらい大きいという例えから名づけられたと言われています。

 

4.大川の滝

大川の滝は里にある滝としては一番大きく、落差88メートル。

この辺りの地質は、堆積岩が熱変成してできたホルンフェルス(熱変成岩、接触変成岩)と呼ばれる岩石で出来ている。

水量、迫力は屋久島NO.1

 

到着一日目は予約していた安房の宿周辺を散策。

↓
ANBOU 安房

コケコンクリート

MOSS CONCRETE

翌日の予定を決めるため、翌日の天気予報を見ると雨。。。

まあ、屋久島は1か月に35日雨が降ると言われている程、雨の島。

警報が出ると、入山規制され山には入れないとの事だったので

屋久島観光でもしようかなーとレンタカーを予約しました。

「カミヤマレンタカー」さん小回りがききお勧めですよ。

ついでに縄文杉ツアーも予約してしまおうと

宿の方に伺った、「山岳太郎」さんというショップでツアーを予約。

こちらのショップもその後色々とお世話になりました。

DAY2 ↓
HEAVY RAIN

朝目覚めると。。。。そう、豪雨です。

大抵、旅をするときは晴れるんですが天気予報通り完全な雨です。

警報も出ていたので山は諦め、台風並みの豪雨の中、千尋の滝へ行きました。

三連休最終日、豪雨という事もあるのか

観光客が全くいない千尋の滝に到着しました。

 

千尋の滝

SENNPIRO NO TAKI

そうです。霧で何も見えません(笑)

豪雨で水量が増えたダイナミックな滝を期待していたのに

あまりに天候が悪化し過ぎて何も見えません。。。。。

これはこれで屋久島ですもんね。

↓
↓

あまりの雨だったので、大川の滝は断念し、安房近くの屋久杉自然館へ向かいました。

こんな時はゆっくり過ごすのが一番ですねー。

 

屋久杉は、屋久島の標高500メートルを超える山地に自生するスギで、地元では樹齢1,000年以上のものを屋久杉といい、樹齢1,000年未満のものは「小杉(こすぎ)」と呼ぶ。一般に、杉の樹齢は長くても500年程度ですが、屋久杉は桁外れに長い。栄養の少ない花崗岩の島に生える屋久杉は成長が遅く木目が詰っており、降雨が多く湿度が高いため、樹脂分が多く腐りにくい特徴を持っている。そのため樹木の寿命が長いといわれ、樹齢2,000年以上の大木が多い。

屋久島は元々岩が隆起して出来た島なので

栄養分を蓄える土が少なく

必ずしも植物たちには、恵まれた環境ではない。

しかし、それを補うだけの雨が降る。

長い年月をかけ、少しずつ成長した生命力の強い植物達が

現在の屋久島の自然を作りあげています。

DAY3 ↓

屋久島に来て三日目。

朝の日課は天気予報チェックから始まります。

テレビをつけると50年に一度の記録的な大雨。。。

 

午後から、また豪雨の予想で山に入れない様子だったので

昨日見れなかった、大川の滝と千尋の滝に再度アタックする事に。

↓

大川の滝

OOKO NO TAKI

50年に一度の大雨が生んだ水量は、凄まじく

恐怖さえ感じます。勝てないですね。

↓

千尋の滝

SENNPIRO NO TAKI

前日霧で見れなかった千尋の滝。

斜面に広がる巨大な花崗岩の岩盤が壮大で

素晴らしい。

その後、まだ行ってなかった屋久島一の集落「宮之浦」へ。

安房から車で30~40分の道のりです。

↓

宮之浦川

miyanoura river
DAY4 ↓

先日の大雨の影響で入山規制されていたので

お隣の島「種子島」に向かいました。

屋久島から種子島へは高速船が出ており

お値段は往復で7,300円です。(結構高いんですよね。。。)

沖縄の離島間高速船を見習ってほしいもんです(笑)

朝一番の屋久島 安房7:00発にのると→種子島 西之表7:50着。

帰りは西之表17:40発→安房18:30着なので

日帰り観光もできます。

山や海も好きですが、文明の利器も好きなんだなー

そう宇宙です。

 

LET'S GO tanegashima
↓

1.西之表

日本最南端の士族である種子島家の城下町として栄え、現在種子島の中心地です。屋久島からの高速船はこちらの港に着きます。

 

2.増田宇宙通信所

打ち上げられた人工衛星からの電波を受信し、各種データをやり取りしている場所。

 

3.種子島宇宙センター

数々のロケットを発射した日本を代表する宇宙センター。大型ロケットの射場である。

 

 

種子島の標高最高点は回峰(まわりのみね)の282.4mで、平らな島である。

屋久島とは対照的な地形。

 

 

↓

種子島も屋久島同様バスが少ないので移動はレンタカーがお勧めです。

港の観光協会の方に聞くと

一日で主要な観光地を回る周遊ツアーもあるとの事でしたので

一通り種子島を観光したい方にはツアーがお得です。

種子島宇宙センターでは、無料で施設案内ツアーをしているので

行かれる方は、是非予約を。

普段立ち入れない場所も案内してくれます。

↓

途中、増田宇宙通信所の寄り道。

こちらの施設は主に人工衛星と通信をしている施設です。

展示室もあるので、のんびり楽しめます。

増田宇宙通信所

MASUDA
↓

か、ら、の、

種子島宇宙センター。

TANEGASHIMA SPACE CENTER

launch pad

宇宙センターとしては

世界一美しいと言われる種子島宇宙センター。

最先端の施設なのに自然が多く

意外と牧歌的な施設でした。

時間とタイミング合えば施設案内ツアー参加をお勧めします。

今度は、ロケット発射の時にで訪れたいな。

DAY5

5日目にして待ちに待った天候回復

警報解除となりました。

縄文杉は県道封鎖の為

残念ながら行くことが出来ませんでしたが

もののけ姫の舞台となった白谷雲水峡、苔むす森から

屋久島の山々を一望できる太鼓岩へは行くことが出来ました。

想像を超えて屋久島の自然は素晴らしい。

 

大変お待たせしました!

それでは絶景をご覧ください(笑)

白谷雲水峡

SHIRATANIUNSUIKYO

苔むす森

KOKEMUSUMORI
↓

太鼓岩

TAIKOIWA

登山口から苔むす森、太鼓岩まで

ゆっくり歩いて片道約2時間。

山道は今まで見たことのないような緑の世界が広がっていて

屋久島特有の自然に感動でした。

最後に辿り着いた太鼓岩からの眺めは

ここ数日のもやもやを一気に晴らせてくれました。

また来よう。

 

屋久島の天候に翻弄された旅でしたが

これも自然。

少しだけお邪魔しました。

終わり良ければすべて良しって事で。

FINE